ボウリングのボールの握り方にも種類があります

ボウリングのボールの握り方にも種類があります

ボウリングのボールの握り方にも種類があります

あなたはボウリングのボールをどのように握っていますか?

 

実は握り方にもいくつか種類(主に3種類)があり、その握り方によって投げやすかったりコントロールが左右されます。なので、ここではボウリングのボールの握り方について紹介します。

 

まず1つ目の握り方は、コンベンショナルグリップと言う握り方で、これは初心者向けです。

 

親指を根元まで入れ、中指と薬指を第二関節まで入れます。この握り方だとしっかりつかむことができて力が入れやすく、一般的な握り方です。

 

ボールの穴の大きさや間隔がぴったり来ないハウスボールではこの握り方がいいですね。ちなみに、初心者向けと書きましたが、プロでもこの握りの人もいます。

 

2つ目はセミフィンガーグリップと言う握り方で、これは中級者向けです。親指を根元まで入れるのは変わりませんが、中指と薬指は第一関節と第二関節の間くらいまで入れます。

 

この握り方だと多少握力が必要になってきますが、指の抜け方がスムーズになるので指が球に引っかかる可能性が少なくなり、コントロールをつけやすくなるといった特徴があります。

 

ちなみに、トッププロボウラーで一番多いのがこの握り方だそうです。

 

3つ目はフィンガーチップと言う握り方で、上級者向けです。親指を根元まで入れるのは変わりませんが、中指と薬指は第一関節まで入れます。

 

この握り方が一番破壊力があります。穴に指がしっかり引っかかりますからね。

 

ただ、この握り方はハウスボールだと難しいでしょう。また、しっかりとつかむことができないので握力が必要になってきます。

 

⇒ ボウリングで必要な腕力(握力や手首の強さ)を鍛える方法はこちら

 

なので、ボウリングに慣れてきて、マイボールを作成して手になじむようになってきたら挑戦するようにしましょう。



スポンサードリンク

 

関連ページ

ボウリングのボール選びで注意すべきポイント
ボウリングのボール選びのコツについて紹介します。
ボウリングのシューズ選び|マイシューズのススメ
ボウリングでのシューズの選び方について解説します。
狙う場所をしっかり意識する
ボウリングでは、狙う場所をしっかりと意識することが大切です。
力を入れずに素直に投げる
ボウリングでスコアアップを狙うなら、余計な力は入れずに素直に腕を振りぬくことが大切です。
ボウリングでのスプリットの倒し方のコツを徹底解説
スプリットになったらどのように投げる?と言う話です。
ボウリングはイメージを描いてから投げよう
ボウリングの投球は、投げる前に一度ボールの軌道などをイメージしてから投げてみよう。
ボウリングで投球の際の立ち位置にも気を配ろう!
ボウリングでは、投球の際の立ち位置についても意識するようにしましょう。実はスコアアップを狙うためには重要なんですよ。
ボウリングではアドレスにも気を配ろう
ボウリングでは投げる前の姿勢についても気を配るようにしましょう。
コントロールよくボールを投げるには?
ボウリングでコントロールよくボールを投げるためには、どういった点に気を付ければいいのかと言うことについて解説しています。
ボウリングでストライクをとるコツ
ボウリングの醍醐味はなんといってもストライクですよね。ストライクを取れば気持ちいいですし、スコアも伸びます。そこで今回は、ボウリングでストライクを取るためにはどこをねらえばいいのか、また、ストライクになる理屈についてご紹介します。
ボウリングの腕の振り方(スイング)
ボウリングの腕の振り方(スイング)についてご紹介します。
ボウリングのリリースの方法
ボウリングのリリースのタイミングについて解説しています。
ハウスボールではやたらとカーブを使わないことが大切
ハウスボールではやたらとカーブを使わないことが大切です。与えられた道具で最善を尽くす努力をしましょう。

トップページ サイトマップ コツを映像で学ぶ アベ200越えを目指す! リンク・お問い合わせについて