ボウリングはイメージを描いてから投げよう

ボウリングはイメージを描いてから投げよう

ボウリングはイメージを描いてから投げよう

ボウリングはサッカーやバスケットと違って、自分のプレーの前に準備がしやすいスポーツです。また、基本的に投球までに時間制限があったりする、ということもありません。

 

なので、自分の間を保ちながら、1球1球集中して投げるようにしましょう。

 

また、ボウリングは1ゲーム10フレームで構成されており、1フレームごとに区切りがあります。それに、ボールを投げて戻ってくるまでにも短いながらも区切りがあります。

 

なので、その区切りごとに、次に投げる投球のイメージをするようにしましょう。実際私も投球前には軽く目を閉じて、イメージするようにしています。

 

どういったイメージをすれば良いのか

 

投球前のイメージのポイントについてご紹介します。

 

  • スムーズな投球フォームをイメージ
  •  

  • ボールの重みによって自然に腕が振りぬかれるイメージ
  •  

  • ボールが狙ったスパットを通過していくイメージ
  •  

  • ボールが勢いよく転がり、狙ったピンに当たるイメージ
  •  

  • ピンアクションによって、気持ちよくピンがすべて倒れるイメージ

 

いかがでしょうか。こういったイメージを投球前にして投球すると、不思議なことにその通りになることが多いのです。

 

これがうまくいかない(上手くイメージできない)時は不思議とコントロールがうまくいかず、スコアガ低迷してしまうんですよね。



スポンサードリンク

 

関連ページ

ボウリングのボール選びで注意すべきポイント
ボウリングのボール選びのコツについて紹介します。
ボウリングのシューズ選び|マイシューズのススメ
ボウリングでのシューズの選び方について解説します。
ボウリングのボールの握り方にも種類があります
ボウリングのボールってどういう風に握っていますか。実は何種類かありますので、ここでは握り方についていくつかご紹介します。
狙う場所をしっかり意識する
ボウリングでは、狙う場所をしっかりと意識することが大切です。
力を入れずに素直に投げる
ボウリングでスコアアップを狙うなら、余計な力は入れずに素直に腕を振りぬくことが大切です。
ボウリングでのスプリットの倒し方のコツを徹底解説
スプリットになったらどのように投げる?と言う話です。
ボウリングで投球の際の立ち位置にも気を配ろう!
ボウリングでは、投球の際の立ち位置についても意識するようにしましょう。実はスコアアップを狙うためには重要なんですよ。
ボウリングではアドレスにも気を配ろう
ボウリングでは投げる前の姿勢についても気を配るようにしましょう。
コントロールよくボールを投げるには?
ボウリングでコントロールよくボールを投げるためには、どういった点に気を付ければいいのかと言うことについて解説しています。
ボウリングでストライクをとるコツ
ボウリングの醍醐味はなんといってもストライクですよね。ストライクを取れば気持ちいいですし、スコアも伸びます。そこで今回は、ボウリングでストライクを取るためにはどこをねらえばいいのか、また、ストライクになる理屈についてご紹介します。
ボウリングの腕の振り方(スイング)
ボウリングの腕の振り方(スイング)についてご紹介します。
ボウリングのリリースの方法
ボウリングのリリースのタイミングについて解説しています。
ハウスボールではやたらとカーブを使わないことが大切
ハウスボールではやたらとカーブを使わないことが大切です。与えられた道具で最善を尽くす努力をしましょう。

トップページ サイトマップ コツを映像で学ぶ アベ200越えを目指す! リンク・お問い合わせについて