ボウリングのコラム

ボウリングのコラム記事一覧

プロボウラーになるための条件とは?また、プロボウラーの収入ってどれくらいあるの?

野球やサッカーではプロ選手が活躍する姿を見ることができますが、実はボウリングにもプロがいるんですよ。活躍の場は大会であったり、ボウリング場でのレッスンプロなどです。たまにテレビの企画で出てくることもありますよね。大会の様子をテレビ中継してもらいたいなぁと思いますけど、そこまでメジャーにはなれないんで...

≫続きを読む

ボウリングでスコアアップ・上達するための練習方法

ボウリングのスコアをアップさせる・上達するためには、しっかりと練習を積む必要があります。そのためにはボウリング場に通って投げ込みを行うのが一般的でしょう。どのようなコースが狙いやすいのかなど、試行錯誤してみるのがいいと思います。また、自分自身のフォームを撮影して投球の癖であったり手の振り方、フォーム...

≫続きを読む

ボウリングで必要な腕力(握力や手首の強さ)を鍛える方法

ボウリングに腕力は必要ないと言われますが、全くなくて良いというわけではありません。また、「腕力=握力」というイメージですが、実際のところ腕力は指の力・握力・手首の強さなどの総称であり、ボウリングを上達させるに当たり無視できないものです。腕力が必要ないと言われる理由ボウリングの場合、パワープレーだけが...

≫続きを読む

パワーボールってどんなトレーニング機器なの?その種類や選び方

パワーボールは、指の力であったり握力、手首の力の他前腕、二の腕など腕力全般を鍛えることができるトレーニング機器です。大きさとしては野球ボール程度で、プラスチックの容器の中に重いボールが入っているという構造になっています。下記のような感じです。その仕組みを細かく説明するのは難しいんですけど、ジャイロの...

≫続きを読む

これを買っとけばOK!おすすめのパワーボールはこれ!

パワーボールの購入を検討しているが、種類がいろいろあったり名称が違って何が良いのかわからないと悩んでいませんか?そこでここでは、どのパワーボールが良いのかご紹介しますので、参考にしてみてください。パワーボール(POWERBALL)という名称は「RPM Sports社」の登録商標ジャイロボールとかロー...

≫続きを読む

実際に使ってわかったパワーボールの効果と効果なしと言われる原因

パワーボールはぶっちゃけ見た目がしょぼいというか、おもちゃのような感じなので効果があるのか疑われやすいです。取り組んでいる姿もなんだかきつそう、といった見た目ではないですからね。実際は結構なトレーニングになっている見るのとやるのでは全然違いますね。実際にやってみればわかりますが、短時間で腕がぱんぱん...

≫続きを読む

パワーボールは握力を鍛えるのに最適なトレーニング機器?

パワーボールは腕力全般を鍛えることができるトレーニング機器であり、もちろん握力を鍛えることもできます。ただ、握力単体をピックアップするのであれば、パワーボールが最適かといえばそうともいえなそうです。握力にも実はいろいろ種類(握り込む力や、指先の力)がありますから、それぞれにあったトレーニングが必要に...

≫続きを読む

ハウスボールで150以上のスコアを打つために押さえるべきポイント

ボウリングは好きだけど、なかなかスコアが伸びないと悩んではいませんか?また、マイボールを持って本格的にやるほどではないけれど、友達や彼女とボウリングに行ってロースコアじゃつまらないという悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。それだけではなく、ボウリングをやってみたけれどスコアがさんざんで恥ず...

≫続きを読む

ボウリングでアベレージ200アップするために押さえるべきポイント

ボウリングである程度のスコアは出せるようになったけど、どうしてもこれ以上スコアが伸びない。アベレージで200アップできないと悩んでいませんか?また、せっかくマイボールを作ったはいいけどスコアが伸びない・低いままで、恥ずかしい思いをしている人もいると思います。そこで今回は、ボウリングで安定したスコアを...

≫続きを読む

女子プロのPリーグ【まとめ】

Pリーグってご存知ですか?Pリーグは、BS日テレ・日テレG+で放送されているボウリングトーナメント番組です。参加している人は女子プロのほかに、アマチュアもいます。要は、ボウリングの女子トーナメントのようなものです。その歴史は古く、2006年4月2日から放送されています。なぜこのようなリーグが誕生した...

≫続きを読む

ひとりでボウリングの練習って恥ずかしくない?

ボウリングって基本的に2人以上ですよね。でも、人を集めるのって意外に苦労します。何カ月に一回とかならまだしも、うまくなりたい、ボウリングを定期的にやりたいと思ったら一人で行くしかないですよね。でも、1人ってどうなんだろ?って思う方も多いのでは?個人的には1人でやっても全然問題ないと思うんですけど、周...

≫続きを読む

ボウリングにしっかり取り組みたい人におすすめの本・書籍一覧

ボウリングは動画で学んだり、実際に教えてもらったほうが上達も早いとは思いますが、そこまでしたくないなら書籍でも十分かと思います。そこで、本記事ではボウリングの関連書籍をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。ボウリング関連の書籍一覧ボウリング関連書籍です。ボウリングマガジンボウリング・マガジン 2...

≫続きを読む

ボウリングバッグの選び方とおすすめ

ボウリングでマイボールを購入したら必ず必要になるのがボールを入れるためのバッグです。まさかビニール袋に入れて、むき出しでボウリング場にもっていくわけにはいきませんからね。やはり、ボウリングのうまい下手にかかわらず、自分専用の道具を持つというのはいいものです。では早速ボウリングバッグの選び方についてご...

≫続きを読む

ボウリングでは指のケア(テーピング)も忘れずに!

ボウリングでは、指をケアしておくことも大切です。ケアの方法としてはテーピングです。テーピングによって指のけがを事前に防ぐことができますし、指穴の調整をすることもできます。テーピング方法テーピングの方法についてご紹介します。親指のテーピング基本的な貼り方としては、親指の背側に張り付ける方法があります。...

≫続きを読む

ボウリングのリスタイの選び方とおすすめ

ボウリングで、手に何か手袋のようなものをつけている人を見かけたことはありませんか?それは、リスタイです。実はリスタイは、マングースであったりメカテクターなど、細かく分けられています。ところで、このリスタイって何のために使っているのかわかりますか?それは、手首を固定するためです。手首を固定することによ...

≫続きを読む

ボウリングでのアームスリーブ使用の効果

アームスリーブは、腕周りをサポートする道具で、バスケット選手などがよく使っているイメージです。そのアームスリーブですが、実はボウリング界隈でも注目を浴びていて、実際に使っている人も増えてきています。アームスリーブの効果は?疲労を抑える(筋肉へのダメージを抑える)動きを安定的にする汗や体温をコントロー...

≫続きを読む

ボーリングとボウリング、どっちが正しい言い方なの?

「うる覚え」と「うろ覚え」のように、何かと間違われやすい言葉ってありますよね(この場合は「うろ覚え」が正解)。ボウリングの場合も、よく間違われていわれます。それが、「ボーリング」です。ボウリングとボーリング、どっちが正しい言い方なの?といった質問もよく見かけますね。その答えとして、スポーツのボウリン...

≫続きを読む

女子プロボウラーの一覧とブログリンク集

プロボウラーの方のブログリンク集です。まだ少ないですが、徐々に増やしていきますのでよろしくお願いします。阿部プロ/阿部聖水のブログ鈴木プロ/鈴木理沙P★LEAGUEオフィシャルブログ堀内プロ/ボウリング雑草魂★松岡プロ/プロボウラー松岡美穂子 のブログ村松プロ/村松美雪blog⇒ 女子プロボウラー一...

≫続きを読む

男子プロボウラーの一覧とブログリンク集

プロボウラーの方のブログリンク集です。まだ少ないですが、徐々に増やしていきますのでよろしくお願いします。青木プロ/青木彰彦のブログ大谷プロ/ボウリングは誰、私は何処!小林プロ/プロボウラー小林哲也 Tetsuya Kobayashiのブログ早川プロ/早川源司のブログ堀江プロ/ほりPのPは3つのP⇒ ...

≫続きを読む

ボウリング関連サイトリンク集

ボウリングに関連したサイトへのリンク集です。プロボウラーのブログプロボウラーのブログへのリンクについては、下記ページを参照。⇒ プロボウラーのブログリンク集各種団体公益社団法人 日本プロボウリング協会公益財団法人 全日本ボウリング協会各都道府県のボウリング場協会サイト一覧茨城県ボウリング場協会東京ボ...

≫続きを読む

英語禁止ボウリングのルールと楽しみ方に関する考察

『志村&鶴瓶のあぶない交遊録』でおなじみの英語禁止ボウリングですが、仲間内でも楽しめるんじゃないかなと思い、そのルールや楽しみ方についてまとめてみました。英語禁止ボウリングの歴史英語禁止ボウリングが誕生した経緯は下記の通りだそうです。かつてフジテレビで放送された定番正月番組『タモリ・たけし・さんまB...

≫続きを読む

ボウリングの両手投げ投法特集|やり方やコツを徹底解説

ボウリングは片手で投球するものというイメージがありますが、実は両手投げ投法(ダブルハンドやツーハンドと呼ばれたりもします)というスタイルも存在します。※ 股を通してヨイショ、という感じで投げるのとは違います▼ 両手投げの参考動画両手投げのメリット・デメリット両手投げのメリット・デメリットについてご紹...

≫続きを読む


スポンサードリンク

 

トップページ サイトマップ コツを映像で学ぶ アベ200越えを目指す! リンク・お問い合わせについて