ボウリングで必要な腕力(握力や手首の強さ)を鍛える方法

ボウリングで必要な腕力(握力や手首の強さ)を鍛える方法

 

ボウリングに腕力は必要ないと言われますが、全くなくて良いというわけではありません。

 

また、「腕力=握力」というイメージですが、実際のところ腕力は指の力・握力・手首の強さなどの総称であり、ボウリングを上達させるに当たり無視できないものです。

 

腕力が必要ないと言われる理由

 

ボウリングの場合、パワープレーだけがすべてではありません。

 

たとえば、小さな子供の投げた力のないボールであっても、当たり所がよければストライクは取れますよね。逆に、パワーあふれる力強いボールを投げても、思ったようにピンが倒れないこともあります。

 

それ以前に、ストライクのでる場所に当てられなければすべてのピンは倒せないです。どういった質のボールを投げるかも大事ですが、コントロールも大事なんですよ。

 

そして、ボールをコントロールよく投げるのに、あまり腕力は必要としません。スイングはボールの重みで自然と行われるもので、腕力でボールを振り回すわけではないですからね。

 

そういった点で、「ボウリングに腕力は必要ない」とよく言われます。

 

腕力を鍛えるメリット

 

上で紹介したとおり、ボウリングの上達に絶対に腕力が必要、ということはありません。とは言え、ものすごく軽いボールでさえ持ち上げるのに苦労する、というのでは話になりませんよね。

 

また、「腕力をあまり使わずに投球する」というのがボウリングの基本ですが、そこから腕力を活かしてさらに発展した・自分に合った投球スタイルを身につけることでスコアアップも狙えます。

 

腕力を鍛えてボウリングをするメリットには下記のようなものがあるので、参考にしてみてください。

 

より破壊力のあるボールの握り方ができるようになる

 

最も基本的なボールの握り方は、中指・薬指を第二関節まで入れる(コンベンショナルグリップ)、というものです。これが一番握りやすく、初心者向けだといえます。指穴の合わないハウスボールの場合、この握り方になりますね。

 

ただ、これだと指の抜けがよくなくて、コントロールや回転をつけにくいんです。

 

ではどういった握り方が良いかというと、「中指・薬指を第一関節と第二関節の途中まで入れる(セミフィンガーグリップ)」や「中指・薬指を第一関節まで入れる(フィンガーチップ)」と言ったものがあります。

 

これなら指穴の抜けがよくなり、コントロールがつきやすい・回転がかけやすくなるんですね。そして、こういった握り方をするには自分の指に合わせたボールが必要になるほか、ある程度の腕力(指の力や手首の強さ)が必要になってきます。

 

手首の折れを防ぐ

 

ボールの重さに負けて手首が外側に折れると、意図しない回転がかかったりコントロールを悪くする原因となります。

 

腕力(手首の力)を鍛えることによって、手首の折れを防いで意図したボールが投げられるようになるんです。

 

腕力の鍛え方

 

腕力の鍛え方にもいろいろな方法があります。

 

道具が必要なく手軽なところで言えば、手を前に出してグーパーを繰り返す、というのがありますね。また、腕立て伏せも腕力を鍛えるのに良いです。

 

その他に道具を使うもので言えば、ハンドグリッパーを使ったり、ダンベルで手首を強化する方法もあります。

 

ただ、腕力と言っても指の力や手首の力があり、それぞれに合わせてトレーニングを変えるのは面倒ですよね。そこでご紹介したいのが、パワーボールというトレーニング機器です。

 

パワーボールとは?

 

腕力全般(指、手首、握力、前腕)を鍛えられるトレーニング機器が、パワーボールというものです。

 

パワーボールはジャイロの力を使ったもので、自分の力に合わせて負荷を変えることができます。

 

大きさとして野球ボールくらいで、成人男性が簡単に握り込めるくらいです。これを、手首のスナップを使いながらぐるぐる回して使います。

 

おすすめのパワーボール

 

パワーボールにもいろいろありますが、私のおすすめは下記のものです。

 

 

実際私が購入して毎日使っているのが上記のパワーボールな訳ですが、問題なく使い続けることができています。

 

オートスタート機能があるので面倒がなく、気が向いたときすぐに取り組むことができます。また、カウンター機能もついているので、どれくらいのトレーニングができているのか数値で把握することができるのもおすすめのポイントです。

 

その他のパワーボール

 

パワーボールという名称で販売しているのは「RPM Sports社」のもので、他のメーカーではジャイロボールやリストトレーナーなどと呼ばれています。

 

なので厳密には違うんですが、この種の商品の総称としてパワーボールという言葉が使われてはいるんですよね。というわけで、当サイトではこの種のトレーニング機器をパワーボールと表記しています。

 

ちなみに、上で紹介しているのは「RPM Sports社」のもので、正真正銘パワーボールです。

 

また、「RPM Sports社」のものは1年保証がついていますし、質が高いと評判で私も実際に使っているのですが、価格がやや高いのが難点となっています。

 

本格的に使うのであれば良いですが、遊びやお試しで使ってみたいという場合はちょっとためらこともあるでしょう。

 

そこでここでは、比較的安価で評判が良いものをピックアップしてみます。

 

KAWASE(カワセ)

 

 

WILDER

 

 

安住商事

 

 

Zacro

 

 

ACELETE

 

 

どれか気になるものがあれば、試してみてください。なお繰り返しになりますが、本格的に腕力を鍛えたいのであれば、「RPM Sports社」のパワーボールをおすすめします。

 

腕力を鍛えて、ボウリングのスコアアップを目指していきましょう!


関連ページ

プロボウラーになるための条件とは?また、プロボウラーの収入ってどれくらいあるの?
プロボウラーになるにはどうすればいいのか。その条件などをご紹介します。また、プロボウラーの給料事情についても調査した結果をまとめていますので、ご覧下さい。
ボウリングでスコアアップ・上達するための練習方法
ボウリングの練習方法について紹介します。スコアアップを狙うなら、しっかりと練習しておきたいところですよね。
パワーボールってどんなトレーニング機器なの?その種類や選び方
パワーボールってどんなトレーニング機器なの?その種類や選び方
これを買っとけばOK!おすすめのパワーボールはこれ!
これを買っとけばOK!おすすめのパワーボールはこれ!
実際に使ってわかったパワーボールの効果と効果なしと言われる原因
実際に使ってわかったパワーボールの効果と効果なしと言われる原因
パワーボールは握力を鍛えるのに最適なトレーニング機器?
パワーボールは握力を鍛えるのに最適なトレーニング機器?
ハウスボールで150以上のスコアを打つために押さえるべきポイント
ボウリングのコツを映像で学んでスコアアップを目指してみませんか?
ボウリングでアベレージ200アップするために押さえるべきポイント
ボウリングでアベレージ200アップするために押さえるべきポイント
女子プロのPリーグ【まとめ】
女子プロのPリーグについて紹介します。
ひとりでボウリングの練習って恥ずかしくない?
ひとりでボウリングの練習って恥ずかしくない?と言う悩みを抱えている人も多いはずです。ここでは、一人で練習するということについて考えてみます。
ボウリングにしっかり取り組みたい人におすすめの本・書籍一覧
ボウリング関連の書籍一覧です。ボウリングについて、書籍で勉強してみませんか?
ボウリングバッグの選び方とおすすめ
ボウリングバッグの選び方についてご紹介します。
ボウリングでは指のケア(テーピング)も忘れずに!
ボウリングでは指のケア(テーピング)も忘れずに!と言う話です。
ボウリングのリスタイの選び方とおすすめ
ボウリングのリスタイの選び方について解説しています。
ボウリングでのアームスリーブ使用の効果
ボウリングでのアームスリーブ使用の効果
ボーリングとボウリング、どっちが正しい言い方なの?
ボーリングとボウリング、どっちが正しい言い方なの?
女子プロボウラーの一覧とブログリンク集
女子プロボウラーの一覧とブログリンク集
男子プロボウラーの一覧とブログリンク集
男子プロボウラーの一覧とブログリンク集
ボウリング関連サイトリンク集
ボウリング関連サイトリンク集
英語禁止ボウリングのルールと楽しみ方に関する考察
英語禁止ボウリングのルールと楽しみ方に関する考察
ボウリングの両手投げ投法特集|やり方やコツを徹底解説
ボウリングの両手投げ投法特集|やり方やコツを徹底解説

トップページ サイトマップ コツを映像で学ぶ アベ200越えを目指す! リンク・お問い合わせについて