ボウリングのボールの種類(素材)

ボウリングのボールの種類(素材)

ボウリングのボールの種類(素材)

 

ボウリングのボールですが、実はいろいろな種類があります。曲がりにくいものであったり、やや曲がるもの、大きく曲がるものなどです。

 

曲がりやすいか、曲がりにくいかと言ったことを決める要因としては投げ方であったり、指の抜け方など(ボウリングのボールの軌道の種類)がありますが、なかでもボールの表面素材(+加工)の影響が70%と言われています。

 

なお、表面素材は大きく分けて4種類に分けることができるので、それぞれの特徴をご紹介します。

 

ボウリングのボールの素材の詳細

 

マイボールの素材にもいろいろとあるので、目的にあったものを選ぶようにしましょう。

 

プラスチック(ポリエステル)

 

 

摩擦係数が低いため、あまり曲がりません。

 

ハウスボールなどで利用されています。また、初心者の入門用ボールとして利用されたり、中級者・上級者の場合はスペア用のボールに利用されたりしています。

 

ウレタン

 


(ABS) ボウリングボール ジュビリー(Jubilee) パープル

 

プラスチック(ポリエステル)と比較すると曲がりやすく、コントロールもしやすいです。

 

価格も安く抑えることができ、初級者-中級者向けと言えます。

 

リアクティブウレタン

 


【送料無料】ハイ スポーツ(Hi-SP) ビート ブラック×シルバー P-147-3 【ボウリングボール ボーリング】

 

オイルのあるところでは滑りやすく、オイルのないところではよく曲がる特性があります。

 

テクスチャー系(プロアクティブ系・パーティクル系)

 

リアクティブウレタンにシリカなどの添加物をプラスしたボールです。

 

曲がり方が、オイルによってあまり左右されないといった特徴があります。

 

ボールと一口に言っても色々な種類のものがありますので、どういった素材のものが自分にあっているのかしっかり検討してみましょう。

 

⇒ マイボールの作り方について詳しく知りたい方はこちら

 

ボウリングのボールが買えるショップ一覧

 


関連ページ

ボウリングのマイボールの作り方を解説
マイボールの作り方についてご紹介します。
ラウンドワンのキャンペーンボールをマイボールとして使っていくのはどうか?
ラウンドワンのキャンペーンボールをマイボールとして使っていくのはどうか?
ボウリングでのフック・カーブの投げ方【まとめ】
ボウリングでボールを曲げる方法(フックボール・カーブボール)について紹介します。
ボウリングのサムレス投法のコツ
ボウリングのサムレス投法のコツ
レーンコンディションの読み方を知ろう
レーンコンディションの読み方についてご紹介します。
ピンの残り方の名称・スペアをとるための難易度
ピンの残り方の名称をご紹介します。
自分に合った道具をそろえる
自分に合った道具をそろえることも大切です。
ボウリングシューズの手入れの仕方
ボウリングシューズの手入れの仕方についてご紹介します。
ボウリングのマイボールのメンテナンスの仕方
ボウリングのマイボールのメンテナンスの仕方
ボウリング大会に出場してみよう!
ボウリング大会に出場して、自分の腕前を測ってみるのもいいのではないでしょうか?
ボウリング用語集
ボウリング用語集

トップページ サイトマップ コツを映像で学ぶ アベ200越えを目指す! リンク・お問い合わせについて