ボウリングでのスプリットの倒し方のコツを徹底解説

ボウリングでのスプリットの倒し方のコツを徹底解説

ボウリングでのスプリットの倒し方のコツを徹底解説

ボウリングでスプリットは非常に厄介な存在ですよね。

 

スプリットが発生すると、スペアをとる難易度が上がってしまい、スコア低下の原因となります。

 

スプリットとは

 

スプリットとは、ピン同士が離れた状態で残っている状態(1番ピンが残っている状態はスプリットとは呼びません)のことです。

 

スコア表示では、丸で囲まれて表示されます。スプリットの定義について詳しくは、日本ボウリングルール(NBR)で下記のように定められているので見ておきましょう。

 

1つのフレームにおいての第1球が、1番ピン(ヘッドピンともいう)を倒し、残っている2本以上のピンとピンとの間隔が、つぎのような状態になった場合スプリットといいます。

 

  • 残っているピンとピンとの間隔が、少なくとも一本以上の間隔があいて残っている場合

 

例えば、7-9 3-10など

 

  • 残っているピンのすぐ前のピンが、1本倒れている場合

 

例えば、5-6 9-10など

 

 

1番ピンに真正面からぶつかった時などにスプリットになりやすいですね。ピンが片側に固まって残っているならスペアも取りやすいんですが、ピンが離れているとなるとなかなかスペアにするのは難しいのです。

 

スプリットを獲るためにはボールの軌道を考えて、立ち位置を調節して投球する必要があります。また、場合によってはカーブを投げて倒すことも考えましょう。

 

⇒ 狙う場所をしっかり意識することが大事

 

スプリットの攻略方法

 

スペアの取り方は2通りです。

 

  • ボールの軌道によってすべてのピンを倒す
  •  

  • ピンアクションによってすべてのピンを倒す

 

どのように倒すのかはピンの残り方によって変わってくるので、下記リンク先のページを参考にしてみてください。

 

⇒ ピンの残り方の名称・スペアをとるための難易度についてはこちら

 

ただし、スプリットの場合はスペアを狙って投げようとすると結局1本も倒せないといった状況になることもあるので、確実に1本倒すといった姿勢で投げてもいいでしょう。

 

レジャーであったり練習であればいいですが、公式の試合などではスコアを計算しながらどうすべきか決定する必要があります。

 

⇒ ボウリングのスコアの見方・計算方法と目安の話

 

ボウリングでは、確実に取れるところは取らなければいけません。あえて難しいほうを選んでもスコアが伸びないこともあるので、確実性を重視していきましょう。

 

また、スプリットになると変に気負ってしまい普段の投球ができなくなるといったこともあるので、なるべく意識しないようにしたいところです。難しいところではありますが。



スポンサードリンク

 

関連ページ

ボウリングのボール選びで注意すべきポイント
ボウリングのボール選びのコツについて紹介します。
ボウリングのシューズ選び|マイシューズのススメ
ボウリングでのシューズの選び方について解説します。
ボウリングのボールの握り方にも種類があります
ボウリングのボールってどういう風に握っていますか。実は何種類かありますので、ここでは握り方についていくつかご紹介します。
狙う場所をしっかり意識する
ボウリングでは、狙う場所をしっかりと意識することが大切です。
力を入れずに素直に投げる
ボウリングでスコアアップを狙うなら、余計な力は入れずに素直に腕を振りぬくことが大切です。
ボウリングはイメージを描いてから投げよう
ボウリングの投球は、投げる前に一度ボールの軌道などをイメージしてから投げてみよう。
ボウリングで投球の際の立ち位置にも気を配ろう!
ボウリングでは、投球の際の立ち位置についても意識するようにしましょう。実はスコアアップを狙うためには重要なんですよ。
ボウリングではアドレスにも気を配ろう
ボウリングでは投げる前の姿勢についても気を配るようにしましょう。
コントロールよくボールを投げるには?
ボウリングでコントロールよくボールを投げるためには、どういった点に気を付ければいいのかと言うことについて解説しています。
ボウリングでストライクをとるコツ
ボウリングの醍醐味はなんといってもストライクですよね。ストライクを取れば気持ちいいですし、スコアも伸びます。そこで今回は、ボウリングでストライクを取るためにはどこをねらえばいいのか、また、ストライクになる理屈についてご紹介します。
ボウリングの腕の振り方(スイング)
ボウリングの腕の振り方(スイング)についてご紹介します。
ボウリングのリリースの方法
ボウリングのリリースのタイミングについて解説しています。
ハウスボールではやたらとカーブを使わないことが大切
ハウスボールではやたらとカーブを使わないことが大切です。与えられた道具で最善を尽くす努力をしましょう。

トップページ サイトマップ コツを映像で学ぶ アベ200越えを目指す! リンク・お問い合わせについて